眼科を支えるエキスパート

安心の国家資格

メンズ

日々の生活で欠く事の出来ない行為、それは見るという行為です。様々なものを見るためには、目がとても重要となります。健康管理をする上で、少しでも目に違和感を感じた場合でも、後回しにしてしまう人も多いのではないでしょうか。しかし、眼疾患の予防は早期発見・早期治療が大切なのです。大規模病院の眼科やクリニックなどで、眼科医師の指導にもとづき各種検査を行ったり目の機能回復の為の訓練を行うのが視能訓練士です。主な仕事は眼科一般の検査や、視力低下のリハビリ指導などで、つまり視能訓練士は視能検査と視能矯正のエキスパートといえるのです。視能訓練士は昭和46年に制定された国家資格です。国家試験の受験資格は、高校卒業の場合は、視能訓練士養成学校で3年以上の勉強が必要となり、大学や短大卒業では1年以上となります。養成学校では生態学などを勉強する学内実習と、医療現場で行う学外実習とを学びます。実際の現場でスタッフと共に検査をし、患者さんと接する事の出来る臨床学習は、将来の自分の姿を想像できる最高の勉強の場といえるでしょう。国家資格取得後、視能訓練士の多くは病院などの医療施設や福祉施設、保健所、その他民間の医療サービス会社などで活躍しています。年収は職場によって変わりますが、正職員の場合は350万円〜450万円が相場といえそうです。結婚や育児などでしばらく現場を離れていても、復職が容易なのも国家資格の魅力の一つ、アルバイトやパートとして働いている視能訓練士も多いようです。眼は身体の中でも複雑な器官、視能訓練士は私達の日常を支えてくれる心強い味方なのです。

将来性も期待できる

眼

視能訓練士とは、主に眼科での眼圧測定や、視力測定に屈折力の測定など、医師の指導のもとで検査業務を行ったり、視力障害を抱える人に対して視機能を改善させるための訓練を行うコメディカルを指しますが、これらは国家資格となっており、主に眼科や病院からの需要が高くなっています。特に視能訓練士の中でも経験を積んで熟練の知識を持っている人材については、どの地域でも重宝される傾向にあります。視能訓練士の将来性については、今後も高齢化社会の影響によって高まり続けていくことが予測されています。現在では単なるコメディカルという位置づけではなく、患者さんの視機能の回復や精度の高い検査を行うための技術者的な側面もあり、必要な知識についても今後はますます高度なものになっていきます。患者さんの視力を改善させたり、リハビリを行うことで生活の質を向上させられるため、視能訓練士を行っていく上で、やりがいを感じることもできるのです。資格取得のためには大学あるいは専門学校に通い三年間以上の教育機関が必要ですが、その後国家試験に合格すれば晴れて視能訓練士となることができます。今現在人のために役に立つ仕事につきたいと思っている方や、医療関連の資格を取得してみたいと思っている方は、視能訓練士の資格を取るのも悪くはありません。知識の豊富な視能訓練士はいつの時代でも重宝されるので、これからの厳しい時代も生き残っていくことができます。

東京か大阪で

勉強道具

眼科医院では様々な検査を行いますが、その視能検査を行う専門家が視能訓練士です。検査そのものは必ずしも資格を持っていないと行えないわけではありませんが、より正確な検査結果を必要とすることが増えているために視能訓練士の需要も高まっています。高齢化社会によって目になんらかの異常が起きる人が増えているのも大きく影響しています。そんな視能訓練士ですが、なるためには国家試験に合格して資格を取得する必要があります。国家試験の受験資格は高校を卒業した後に專門の養成機関で3年学ぶか、大学や看護学校を出てから1年間養成機関で学ぶことで得ることが出来ます。視能訓練士の国家試験は年に一回行われるため、不合格になってしまうと取得するには来年また受験しないといけなくなってしまいます。試験会場は東京と大阪の二箇所だけとなっていますので、地方に住んでいる人はどちらかの会場まで行く必要があります。視能訓練士の国家試験は1日かけて全て行われており、国家試験の内容は養成機関で学んだ内容がそのまま出題されます。決して簡単というわけではありませんが、しっかりと学んでいればわざわざ予備校などに通わなくても、十分に合格は可能だとされています。実際に視能訓練士の合格率は毎年8割以上と高くなっており年度によっては9割以上になることもあります。試験は全てマークシート形式で行われるようになっており、実技試験や面接試験などは行われてはいません。

メガネをかける前に

男の人

視能訓練士は、弱視の患者さんの視力を出すための訓練を指導します。弱視は、斜視が原因の弱視や強い遠視による弱視など、大きく分けて4つに分けられます。それぞれの患者さんに合った訓練方法を指導することが大切です。

もっと読む

高齢化社会に必要な専門職

目元

目は人間が生きていく上で非常に重要な器官です。高齢化社会と共に視力障害を訴える患者が増えており、視能訓練士の仕事が必要とされています。国家資格を取得すれば病院や診療で働けますし、大学や専門学校の教員になることができます。年収は350万から450万円ぐらいですが、今後はますます必要とされる職業です。

もっと読む

目のスペシャリスト

相談

高校や大学を卒業後に決められた教育課程を、一定期間修めたら視能訓練士国家試験を受験できます。合格して免許を取得したら、厚生労働相にある視能訓練士名簿に登録されるのです。医師の指示で視能に障害を持った人に、検査や訓練をおこなう仕事になります。

もっと読む