高齢化社会に必要な専門職

視力の低下を防ぎ予防する

目元

目のスペシャリストとして注目されているのが視能訓練士です。目は人間が生きていく上でとても重要な器官ですが、健康を保つためには色々な検査があります。また年齢によって視力が変化しますが、それへの対応もサポートします。視能訓練士になるには国家資格を取得する必要があり、そのためには専門の学校で学ぶことになります。視能訓練士の資格があると大学病院や総合病院の眼科で働くことができますし、大学や専門学校の教員として働くこともできます。そのためには資格を取得したあと、病院や診療所などで実際に視能検査をするなどの経験を積み重ねることになります。地域や勤務先の待遇によっても違ってきますが、視能訓練士の初任給は25万円前後で、年収は350万円から450万円が一般的です。また視能訓練士の資格を持っていれば、時給1300円から1500円程度でアルバイトして働くこともできます。また、大学や専門学校の教員になると、生徒に視能訓練士としての仕事を具体的に教えることができます。例えば目の検査とそれによるデータの読み方、治療方針の立て方などです。また人間は6歳までに大人と同じ視力を持つようになりますが、赤ちゃんの視力をサポートする方法なども教授することになります。現在は高齢化社会が進んでおり、それと同時に視力障害の患者も増えています。このような社会的要請にどのように応えていくかなども、視能訓練士を目指す生徒に教えることになります。視能訓練士の資格取得を目指す場合は、現場で活躍するのか、視能訓練士を育てるのか決めておくと良いでしょう。

目のエキスパート

メンズ

将来仕事に困らないために手に職を付けようと考えている方の多くは、資格に注目しています。一口に資格と言っても様々ですが、メジャーな資格は競争が激しいですし、かといってニーズのないマイナーな資格を取得しても、あまり意味がありません。専門的な職業に就けるような、将来的に需要のある資格取得を目指しましょう。今、急速に需要が伸びている資格といえば、視能訓練士です。これから高齢化が進展して、目に問題を抱える人はますます増加することが想定されています。そのような場合に強い味方となってくれる視能訓練士は、社会的にも求められている職種であるといえるでしょう。視能訓練士は、眼科医の指示に従って患者さんの目の異常を検査したり、回復訓練を行う専門家です。視能訓練士になるためのハードルは意外と高く、まずは国家試験の受験資格を取得する必要があります。一般的には、全国にある視能訓練士養成施設に入って1年以上の所定の過程を修了して、初めて国家試験の受験資格を得ることができます。この国家試験に合格して初めて訓練士として仕事ができるようになるのですが、前述のとおり1年以上の学習が必要ですので、生半可な気持ちでは資格取得には至りません。そのため、この職業を目指すのであれば、ある程度まとまった時間が取れるだけでなく、視能訓練士として働くことに魅力を感じて、目のトラブルで困っている人を助けたいという強い気持ちを持っていることが必要となります。

専門分野の学習

視力検査

視能訓練士として働くためには、まずは全国に約30箇所ある養成施設を選び、入学しなければなりません。養成施設には、専用のカリキュラムを設けている大学と専門学校とがあり、どちらも高校を卒業していることが入学の条件となっています。そしてこれらで学習し、卒業見込みという段階になると、卒業前の2月に視能訓練士の国家試験を受験できるようになります。それに合格すると、卒業後に視能訓練士としての就職が可能となるのです。また養成施設のうち専門学校には、高校卒業後ではなく、看護学校や一般大学の卒業後に入学する人もいます。視能訓練士の養成施設では、1〜2年目は主に英語や数学、衛生学や情報科学などについて学習するのですが、こういった授業は看護学校や一般大学でも行われています。そのためそれらを受けて単位を取得してから養成施設に入学すれば、未修得となっている視能訓練士の専門分野についてのみ学習するだけで済みます。養成施設の修業年限は通常は3年から4年なのですが、この場合は1年の学習で卒業見込みとなり、国家試験の受験が認められます。国家試験の合格率は高めで、中には100%を誇っている養成学校もあります。しかし体調不良などのアクシデントで不合格となってしまう人も、いないわけではありません。そして養成施設の中には、不合格者のための補習授業を行っているところもあるので、念のためにそういったところを選んで入学するという人も多くいます。