目のスペシャリスト

検査と訓練は早期が大事

相談

1971年に視能訓練士法が日本の法律として制定と施行がされ、この法に基づき視能訓練士全般の職務や資格が規定されました。医療職の一つであり医師の指示の下で視覚障害を持っている人に、視覚を回復あるいは矯正訓練や検査等を行う仕事になります。視能訓練士になるには高校あるいは短大や大学を卒業後に、定められた教育施設で教育課程を修めるのです。その後年に一度実施されている厚生労働相医政局監修の、視能訓練士国家試験を受験し免許を取得しなければなりません。試験科目は基礎医学大要や基礎視能矯正学、視能検査学などがあります。他には視能障害学や視能訓練学があり、これら5つを午前と午後に分けた一日で行われるのです。免許の取得が完了したら、厚生労働省が定めた視能訓練士名簿に登録されることになります。視能訓練士というと聞き慣れないかもしれませんが、身近な例では眼科にいけば視力検査を行ってくれています。他にも白内障や緑内障といった目の異常に関するあらゆる検査に、関わってくる仕事です。小学校の低学年までに治療をすれば、治る可能性が高いといわれているのが弱視や斜視になります。どちらも発見が早ければ早いほど治療にとりかかれるので、乳幼児の時期に精密な視能検査と訓練をおこなうことも視能訓練士の職務です。現代ではパソコンやスマフォなどの機器が出回り、目に負担をかける機会が増えました。目のスペシャリストとも言える視能訓練士という仕事は、これからもその職場を広げつつあり注目を集めている職種でもあります。また目は人間が円滑に生活するために必要な器官なので、目のスペシャリストである視能訓練士は社会的にも重要です。

国家資格で安心のキャリア

レディ

将来に備えて資格の取得を考えられている方は多いと思いますが、特に医学系に関心のある人にお勧めなのが視能訓練士です。医学というと、医師や看護師といったところがメジャーですが、視能訓練士は眼科医の指示のもと視能試験を行ったり、弱視や斜視の患者さんの改善に向けた訓練を行うことがその主な役割となっており、目のスペシャリストとなっています。この視能訓練士は国家資格であり、試験の受験資格を取得するためには大卒の場合には訓練所に通って1年間のカリキュラムを修了することが求められます。そのため、仕事の片手間に勉強するといったことが難しいため、社会人の方が志す場合には、目の不自由な方の助けになりたいという強い意思が必要となります。また、就職していざ患者さんの訓練に従事することになると、回復するまでに長い期間にわたって何度も繰り返し同じトレーニングをさせたりすることになるため、根気強い性格であることも重要です。医師などと比べると視能訓練士の求人数はそこまで多くはありませんが、資格取得者が少ないことに加え、高齢化が進展して目にトラブルを抱える人が増えてきていることもあって、将来有望な資格であると言えるでしょう。また、以前は圧倒的に男性の割合が多い職業でしたが、近年では女性の比率も高まってきており、全体の10パーセント以上を占めるまでになってきています。このため、男女を問わず多くの方にお勧めできる職業と言えるでしょう。

検査からリハビリまで担当

女の人

人間は五感を使って外からさまざまな情報を得ていますが、その中でも視覚は最も重要な情報を提供してくれます。視覚情報を得る目の構造は非常に複雑なため、わずかな狂いが生じただけでも視機能の障害につながり、日常生活への悪影響が出てくるものです。そうした視機能の障害は眼科で適切な検査を受けることにより、眼鏡やコンタクトレンズの処方などを通じた改善結果が得られます。眼科治療の際には多くの視能検査も実施されますが、検査体制のしっかりした眼科では専門の視能訓練士が検査を担当しています。視能訓練士が実施する視能検査は多岐にわたっており、一般的な視力検査以外にも屈折検査や視野検査・眼圧検査などが含まれます。このうち近視や遠視・乱視などを診断するのに欠かせない屈折検査は、水晶体の屈折異常を調べるための視能検査です。高齢者に多い白内障や緑内障を発見するためには、視野検査や眼圧検査・眼底検査なども必要になってきます。この他にも眼底などの写真撮影と解析や角膜形状検査を熟練した視能訓練士が行うことによって、視機能のさまざまな異常や障害を見つけることができるのです。こうした視能検査には電気生理検査や超音波検査など最新テクノロジーを駆使した方法も使われおり、目の病気の初期症状も見逃さずに発見できるようになりました。眼科医が検査から治療まで1人で対応するのは大変なため、視能検査はもちろん斜視・弱視の矯正や視機能低下者に対するリハビリ指導までを担当する視能訓練士が大きな役割を果たしているのです。視能訓練士の国家試験受験資格を得るには高卒者で3年以上、大卒や短大卒・看護学校卒業の場合は1年以上の視能訓練士養成施設での教育課程修了が必要です。視能訓練士の国家資格取得者は医療機関への就職に有利となるため、パソコンやスマートフォンの普及で視機能に問題を抱える人が増えている現代社会にあっては将来有望な職業と言えます。